重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」

名古屋で医療法人、病院、診療所の抱えている法律問題に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

医療法人、病院、診療所の抱えている
法律問題を解決いたします。
法律相談専用
ダイヤル
052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30



ブログ

出向中

14.03.18

 昨年、銀行を舞台とした某ドラマで「出向」が話題になりましたが、現在、事務所を離れて大学病院に出向しています(片道切符・・・・ではないはず)。法律事務所から医療機関への出向は珍しいケースだと思います。
 出向先では、主に、学校法人の法務や、病院法務・医療安全部門の活動に関わっています。中でも、医療安全部門の活動は、幅が広く、院内でのインシデント・アクシデントの収集・分析や、重大なアクシデントの初期対応、クレーム対応、院内の規程・指針策定、医療に関する法的リスク管理等が中心です。
 病院で起こる法律問題は、単純な法律の当てはめで解決できるものは少なく、弁護士から見ても悩ましい問題ばかりですが、できるだけ現場のスタッフが悩まなくてもすむような実践的なアドバイスができればと思っています。
 さて、病院内部に入りますと、まず躓いたのは言葉の問題です。
 もちろん皆さん日本語で話していますが、医療英語、略語が多用されています。もともと医療英語はわかりにくい上、 CTA、CTR、CPR、CPAなどと略されると、とっさに何のことだったかなと考えてしまいます。ムンテラ、アナムネ、ゼク、ケモ・・・・等も多用されます。知らないと厳しいですね。
 なぜか、時折ドイツ語も混じります。もともとドイツ語が多かったそうですので、その名残でしょうか。胃管のことをマーゲンチューブと呼んだりしていますが、マーゲン(Magen 胃)はドイツ語なのにチューブ(Tube 管)は英語です。言葉としては明らかに間違っているような・・・・どうなんでしょうか。
 最近は、「それ何のことですか」と聞くことも少なくなりましたし、自分から略語などを話すこともありますが、自分で話していて気持ち悪さが抜けないのが出向中の身の限界かもしれません。

ブログを始めました

14.03.18

医療問題に関するブログを始めました。
医療に関連する法律問題、時事問題等、法改正や判例情報等を発信していきたいと思っています。
よろしくお願いします。

無料 電話・面談法律相談
弁護士法人 愛知総合法律事務所 ワンストップ事務所 医療問題ブログ
トップへ戻る