重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」

名古屋で医療法人、病院、診療所の抱えている法律問題に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

医療法人、病院、診療所の抱えている
法律問題を解決いたします。
法律相談専用
ダイヤル
052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30



ブログ

マニュアルさえ作れば?

15.04.30

応召義務・説明義務など、日々の医療現場において、医療従事者が果たすべきとされる義務は数多くあります。これらの義務は、なんとなく内容は理解することは容易ですが、実際の医療現場で何をするべきか(どの時点で、どういう説明をして、どうやって証拠を残せばいいのか)という問題になると途端に難しくなります。このような問題を円滑に処理するべく、事前にマニュアルを作成する方法が考えられます。過去のブログでも、異常死の届出義務に関して、マニュアルの作成をお勧めしました。
 ただ、安易なマニュアル作成は危険です。医療機関側の都合を優先したマニュアルだと十分に機能せず、医療問題を防止することができません。また、非常に厳格なマニュアルを作成しても、現場の医療従事者が実践できなければ意味がありません。各医療機関の実態に合わせた、現実的な方法を模索することが大切です。また、マニュアルの目的を各職員に正しく理解してもらわなければ、十分な機能は望めません。
 当事務所には医療機関に出向した経験を持つ弁護士が所属しており、医療機関向けのマニュアルの作成や講演も行っております。お気軽にご相談頂ければ幸いです。

無料 電話・面談法律相談
弁護士法人 愛知総合法律事務所 ワンストップ事務所 医療問題ブログ
トップへ戻る