重要なお知らせ

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため,お客様の来訪時に非接触型体温計を用いた検温をさせていただくことがあります。当事務所の感染防止対策についてはこちらをご覧ください。」

名古屋で医療法人、病院、診療所の抱えている法律問題に関する弁護士への無料相談は愛知総合法律事務所へ

医療法人、病院、診療所の抱えている
法律問題を解決いたします。
法律相談専用
ダイヤル
052-212-5275

受付時間【平日・土日】9:30〜17:30



ブログ

薬物犯罪と警察への通報

15.07.09

診察をしていると、検査の結果、覚醒剤使用が疑われる患者もいらっしゃるかと思います。このような場合に、医師は警察へ通報する必要があるのでしょうか。
 薬物反応の検査結果自体、患者の診療情報であり、かつ個人情報となります。一般論として、医師は、患者の診療情報につき守秘義務をおっています。また、患者の診療情報は個人情報保護法に沿った管理がなされなければなりません。
 他方で、平成17年7月19日最高裁判所判決では、「医師が、必要な治療又は検査の仮定で採取した患者の尿から違法な薬物の成分を検出した場合に、これを捜査機関に通報することは、正当行為として許容されるものであって、医師の守秘義務違反に違反しないというべきである。」と判示しています。犯罪捜査に対する協力の観点からすれば、妥当な判決であると言えます。
 では、医療機関としては、具体的にどのような対応をすれば良いのでしょうか。最終的には、個々の患者ごとに、具体的に考えていく必要があると思います。警察へ通報すべきか悩むことも多いと思いますが、そのような時は弁護士と協議の上、検討されることをお勧めします。

無料 電話・面談法律相談
弁護士法人 愛知総合法律事務所 ワンストップ事務所 医療問題ブログ
トップへ戻る